Apr 15 , 2017


オランダ/ライデン国立民俗学博物館『 COOL JAPAN 』展 始まりました。

2017.1.03.jpg

今回の展示は、日本政府が推奨する「クール・ジャパン」とは少し異なり、海外から見た『COOL JAPAN』を俯瞰した展示で、博物館ならではのアカデミックな検証の元、サムライ・ロボット・カワイイ・ファッション・妖怪... などの代表的なコンテンツの中から、オランダの出島時代の国宝級のシーボルト・コレクションと共に現代アート作品を比較し、その根源をよりダイレクトに感じる事が出来る展示となっております。

2017.1.01.jpg

2017.1.02.jpg

2017.1.04.jpg

オープニングアクトの布袋さんの「キル ビル」の生演奏で大きな盛り上がりを見せ、老若男女 問わずジャパニーズカルチャーに興味のある大勢のお客様にいらしていただき、博物館のオープニング来場記録を塗り替えるたいへんな賑わいとなりました。

2017.1.05.jpg

2017.1.06.jpg

2017.1.07.jpg

2017.1.08.jpg

2017.1.09.jpg

2017.4.11.jpg

2017.4.12.jpg

2017.4.13.jpg

2017.4.15.jpg

2017.4.17.jpg

2017.4.18.jpg

日本でも似た様な展示が行われますが、ここまで大胆でエキサイティングな展示が実現した背景には、思考の柔軟さはもとより、シーボルトの日本美術を愛するスピリットが現代のオランダの人にも脈々と受け継がれていて、今でも日本のアート作品をコレクションするオランダ人コレクターの方々のサポートがあるからこそ。
その思いが強く感じられる展示となっています。

2017.4.19.jpg

〜9月17日までと長い会期となっていますので、オランダへご旅行などの予定がありましたら是非、足を運んでいただければと思っています。

マツウラ

Pagetop



Apr 07 , 2017


2017年 4月14日〜 9月17日
オランダ ライデン国立民族博物館『COOL JAPAN

北斎から現代のポップカルチャーまで、日本美術を一連の流れの中で紹介する展示で、今回 2012年制作の高さ 4m近くある《浮々Uki-uki》をキービジュアルとして展示していただきます。

2017.4.7.02.jpg

ライデン国立博物館は去年北斎の肉筆画6点の発見で話題になりましたが、日本が鎖国の時代、オランダ貿易商の医師として日本に西洋医学を持ち込んだシーボルトの膨大なコレクションを中心とした、東洋文化に特化した150年以上の歴史を持つ博物館です。

2017.4.7.03.jpg

《 浮々Uki-uki 》acrylic on canvas with gold foil 195 x 130cm x 2pcs

約半年間の長い展示となりますのでご旅行などでオランダを訪れる方はぜひ足を運んでみてください。

マツウラ

Pagetop



Apr 02 , 2017


新宿タカシマヤ 美術画廊 10周年企画展
〜そして広がる〜

◼️場所:新宿髙島屋 10階 美術画廊
◼️日時:4/12(水)~24(月) 10時~20時(最終日は16時閉場)

高島屋に所縁のある50人の作家によるグループショーに、小作品 (20号F) を1点出展させていただきます。
※ 今のところ 4/16 (日) に在廊予定です。

2017.4.4.01.jpg

最近、自身のポップなタッチと相反するエレガンスな表現が出来れば、より作品の幅が広がるのではと思い、そこを意識して制作しました。


◼️ 久しぶりの製作過程です◼️

2017.4.4.02.JPG

墨線入れ... ノーメイクって感じですね w

2017.4.4.03.JPG

目を入れ、方向性がはっきりします。

2017.4.4.04.JPG

髪の毛、線の硬さ柔らかさによってボリューム感を調節。

2017.4.4.05.JPG

背景1、下地はタッチを入れビビッドな緑とピンク。

2017.4.4.06.JPG

背景2、白で濁してから、薄く金を入れました。

2017.4.4.07.jpg

《 Zoe 》 acrylic on canvas 73 x 62cm

今回はたまった疲れもあり、一色 色を作るだけでも息切れしていたのですが... 作品に目を入れた所、自分がその目に励まされると言う自画自賛な(笑)感覚で最後までこぎ着け、イメージしたエレガントな雰囲気が出せたのではと思います。

お時間がありましたら是非、本画を見に遊びにいらしてください。

マツウラ

Pagetop



Mar 26 , 2017


3/27日発売 別冊太陽『中原淳一のひまわり』にエッセイを寄稿しています。

戦後、少女達のバイブルでもあった中原淳一編集の〝ひまわり〟を再現した編集となっており、当時の少女達のファッションからライフスタイルまで、夢がぎっしり詰まった一冊となっています。

2017.3.26.1.jpg

2017.3.26.2.jpg

戦後の価値観が崩壊し右も左もわからなくなってしまった時代、中原淳一さんのような方々が一歩一歩戦い、道を示してきたからこそ、現代のクールジャパンとも呼ばれるジャパニーズカルチャーがある事を実感し、そんな事を書かせてもらいました。

書店で見かけましたら、お手に取ってみてください。

マツウラ

Pagetop



Mar 24 , 2017


やっと春を楽しめそうな状況まで、あと一歩!
というのも... 先週のアートフェア東京で作品が足りなくなり、来月の新宿タカシマヤ10周年記念のグループショー向けに描いた作品も出展してしまったため、フェア終了後も制作が続いており...。

なかなか気持ちの切り替えが難しくまるでイメージがまとまらず、そんな時ほど無難になりがち... (;д;)
七転八倒した末、描きかけてペンディングにしていたものに手を入れてみたら、やっと創作意欲が湧く表情にまとまってきました。

2017.3.24.1.jpg

今回は、普段あまり描かない 清楚な表情の女の子を描きたいと思っています。
少しゴージャスさに欠けるので背景に金泥を混ぜようかな。
ここまでくればあと一歩!20号F。

マツウラ

Pagetop



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ...