May 06 , 2019


新宿高島屋10階 美術画廊 

【あたらしい時代の幕開け】展
2019年 5月 8日(水)→ 20日(月)

「新しい時代の幕開け」ということで、「希望に満ちた華やかな作品」というテーマでしたが、昨今の世界情勢や日本の状況を考えると、無条件に「希望に満ちた華やかな作品」を描くということに少し違和感があり、ビジュアル的に華やかな物は描けませんでした。
そんな中で『令和』を生きる子供達にとって少しでも希望の持てる時代であって欲しい、という思いを込めて〈未来を見つめる子供達の眼差し〉をテーマに制作させていただきました( 結局、いつもの僕のモチーフそのままですがw )。

👇以下作品解説


2019.5.5.02.jpg


2019.5.5.01.jpg

"Sputnik"
acrylic on canvas, 73 x 73cm, 2019
*with black wood frame 78 x 78cm

宇宙のイメージが無限で希望に溢れていた時代。
世界初の宇宙船、ロシアのスプートニク 2号に載せられ、初の有人宇宙船の可能性を示すことになった「ライカ犬」を擬人化し描きました(本当のライカ犬は女の子なのですが)。
何が待ち受けるかわからない深い宇宙の闇と新しい時代をシンクロさせ、それに立ち向かう純粋で無垢な瞳に気持ちを込めて描きました。


2019.5.5.04.jpg

2019.5.5.03.jpg

"A Letter for Tomorrow "
acrylic on canvas, 53 x 53cm, 2019

平成という時代は、昨日から今日へ、今日から明日へ。たった1日、日をまたぐだけで人生が180度変わってしまうという人生の境が垣間見えるようなニュースをよく耳にし、また体験もしました。そういう意味で、平成から令和へ1日1日を精一杯生きる、日をまたぐ壁のようなものを意識して制作しました。


2019.5.5.06.jpg

2019.5.5.05.jpg

"Little Monster"
acrylic on canvas, 53 x 53cm, 2019

純粋に夢を描くということが難しい時代。
だからこそ、単純に子供のように夢を見ることが必要なのでは、という思いで描きました。


お時間がありましたら遊びにいらしてください。
初日と土曜、日曜は午後から在廊する予定です。
(在廊情報はツイッター @A_transmission にてお知らせします)

マツウラ