Jan 15 , 2014


2014.1.15.1.jpg
「(タイトル未定)」acrylic on canvas with gold foil 190 x 65 cm


【映画日記】

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 ★ ★ ★ ☆ ☆
ひさしぶりのジム・ジャームッシュ監督作品。
吸血鬼のアダムとイブの物語。デトロイトとモロッコに離れて暮らす二人の
部屋のセンスが最高にカッコよく、そこに流れる音楽もまたCOOL!!
ビジュアル・音楽 共にジャームッシュ監督ならではの斜に構えた美的センスが
流石です。

永遠の 0 』 ★ ★ ★ ★ ★
百田尚樹氏の原作を呼んでいる方も多いと思いますが、
戦時中の「お国のため」という右にならえの理念に逆らい、自身の命を
大切にしていた、という祖父をたどる話。
山崎貴監督作品という事もあり見事なVFX。零戦や空母がリアルで自然に
ストーリーに引き込まれました。
また、劇中で「後10年もすれば戦争体験を語る者もいなくなる...」といった台詞がありましたが、たった10年で... 今聞いておかなければならない最後の機会である事を改めて感じ、その様な意味でも今の若い人に人気の岡田准一や三浦春馬が出演し、「若い人が観て考えられる戦争映画」というのはとても大切だと思いました。戦争映画はあまり好きではありませんがもう一度観直し考えたいと思う作品でした。

キューティー& ボクサー』 ★ ★ ★ ★ ☆
NY在住の日本人前衛芸術家夫婦、篠原有司男・乃り子夫妻のドキュメント。
年末の東京画廊のグループショーでもご一緒させていただいたこのご夫婦。
アートはその人自身であるという事を感じさせてくれる、
キュートで愛に溢れ笑いが終始こみ上げてくる作品でした。

ファイア by ルブタン』 ★ ☆ ☆ ☆ ☆
パリの老舗ナイトクラブ「クレイジー・ホース」のショーをクリスチャン・
ルブタンが演出、デビッド・リンチが音楽で参加したショーの映像化。
「クレイジー・ホース」自体を知らずに、ルブタンのファッション寄りの
ドキュメントだと思って観に行ったので、爆睡してしまいましたw
ショー自体はストリップの枠を超え、芸術性の高い美しいショーでした。

マツウラ