Dec 31 , 2013


一年の締めくくりに相応しい、心洗われるライブ !!
billboard LIVE tokyo 手嶌葵の『Miss AOI -Special Night』。
2013.12.31.1.JPG


今年もお世話になりました!!
お正月休みは 9連休の人もいるようで、
ゆっくり一年のお仕事の疲れをとって来年への活力を養ってください。

僕はこの年末は展示と忘年会が重なってほとんど仕事にならなかったので
新年は、静かに集中して制作に取り組みたいと思っています。

今年を振り返ってみると...
一生懸命やってたつもりではありましたが、振り返ってみると70点位かな?
高橋大輔の「 今までの生ぬるい自分ではなく... 」という言葉にグッときました。
なんか、一生懸命やっている雰囲気に流されて120%の力で取り組んでいなかっ
たというか...
もちろん作品制作はその都度全力で取り組んでいますが、
それだけで良いと自分を許してしまっている様な所があった気がしています。

来年は... 多ジャンルのプロフェッショナルの方々との仕事も控えており、
そんな反省も踏まえ、全力で120点取れる様にがんばりたいと思っています。

皆さま、良いお年をお迎えください!!

マツウラ

Pagetop



Dec 26 , 2013


【映画日記】
忙しくてあまり映画を観に行けず、唯一の娯楽なのでストレスです!!

鑑定士と顔のない依頼人』 ★ ★ ★ ★ ☆
名匠ジュゼッペ・トルナトーレの重厚で洗練された映像、それを盛り上げる
エンニオ・モリコーネのムードある音楽 !! そしてジェフリー・ラッシュ演じる
潔癖性の鑑定士。彼を取り巻くむミステリアスな人々。
冒頭から先の読めぬ展開にワクワクドキドキしながら観ていましたが...
ラストはあまりにも俗っぽく、それまでのインテリジェンスな雰囲気が台無し、
観る側に「俗っぽさ」を感じさせずに描き切って欲しかった。
雰囲気がとても良かっただけに残念でした。
それでも星 ★4つ 付けたくなるほど雰囲気は良かった!!


ブリングリング』 ★ ★ ★ ★ ☆
ハリウッドセレブのクローゼットから盗んで!盗んで!盗みまくる!!
道徳観の破綻から、好き嫌いが分かれそうな作品ですが、
そこは "ソフィア" ワールド。キラキラ☆です!!
ただ実話なだけに後半、破綻していく若者達の様子もちゃんと描かれていて
現代の病んだ人間関係、親子関係も考えさせられます。
エマ・ワトソンはちょうど同時に『ウォールフラワー』という青春映画にも
出演していますが、断然『ブリングリング』の方がリアルで魅力的!
観てる時は LA、末期だな... なんて思っていましたが、よく考えたら今の
TOKYOもさほど変わらない。世界的にそんなものなのかも...
そんなソフィアのメッセージも伝わってくる作品でした。


ゼロ・グラビティ』 ★ ★ ★ ★ ☆
見事な無重力の恐怖の描写!!
このキャストでよくここまで手に汗にぎるスペース・スペクタクルが
作れたものだ。多少リアリティには掛けるけどそれを感じさせないテンポと
映像、迫力ある音響! 途中、一瞬宇宙船越しの背景に火に包まれている
地球の一部エリアが見えたのですが、火山帯なのか?紛争地なのか?
もしかしたらこの"事件"が原因で地球では...などと想像すると一段と深い作品に
なると思います。
34年前初めて『エイリアン』を観た時の閉塞した宇宙での緊張感を思い出した。


ブランカニエベス』 ★ ★ ☆ ☆ ☆
「白雪姫」にインスパイアされているものの、オリジナル要素も強くまあまあ
面白かった。モノクロの世界観がフォトジェニックで「VOGUE」の様でオシャレ!
ただサイレントのために字幕がいちいち入るのがまどろっこしく、
そのテンポを埋める音楽が少々しつこい。普通にセリフがあった方が
ストーリーに入りこめたかと思うと少し残念。ラストのオチはちょっとな...。


ウォールフラワー』 ★ ★ ★ ☆ ☆
パーシージャクソンのローガン・ラーマンがフレッシュでさわやかな青春映画。
それぞれが心に大きな傷を持っている割にはみんなイイ子で淡々と描かれて
おり、そのせいか高校生より幼く感じてしまい、少し物足りませんでした。


『ガーディアンズ 伝説の勇者たち』 ★ ★ ★ ★ ☆
2012年アメリカでの公開当時からスゴく気になっていた作品で...
ドリームワークスの子供向けCGアニメなのですが、興行成績が悪かったらしく
日本では未公開。1年経ってやっとDVDのみ発売になりました。

キャラクターデザインが良く、ビジュアルだけかと思って観てみたら
子供向けではあるものの、ストーリーもスゴく好みで思わずDVD買っちゃった!!
オリジナルの声優陣もまた豪華。この時期にピッタリの作品。オススメです!!

マツウラ

Pagetop



Dec 26 , 2013


新宿髙島屋 美術画廊『Artistic Christmas vol.Ⅶ』無事終了しました。
作品を決めていただいた方、観にいらしていただいた方々、
皆さまには大変感謝しております。誠にありがとうございました。

髙島屋さんではまた来年、展示出来る予定ですので
その時はもう少しまとまった点数でお見せ出来たらと思っております。
また詳細は近くなりましたらお知らせさせていただきます。

2013.12.26.1.jpg

今後共よろしくお願いいたします。

マツウラ

Pagetop



Dec 25 , 2013


家にはクリスマスのオーナメントが何もないので...
クリスマスソングのCDとキャンドルだけでクリスマス気分を楽しんでいます。

2013.12.25.jpg

facebook用にアップした "Christmas & New Year" カードですが、
こんな具合に立体作品の制作もスタートしています。

そして、今発売中の『アートコレクターズ』2014年 1月号で、
その3Dの立体制作についてインタビュー記事が掲載されています。
よかったら書店でお手に取ってみてください。

マツウラ

Pagetop



Dec 22 , 2013


慌ただしいですね。
バタバタしていて全く筆が持てていません(T_T;)
そんな年末の喧騒を忘れるイベントにお誘いいただき、参加してきました。

麻布にある黒川雅之建築設計事務所を会場にした
造形作家・大畑周平さんの "火を食べるイベント" 『リュミエール』。

ライトが落とされ...
アコーディオンとおもちゃのピアノが奏でられる中
白いクロスの掛けられたテーブルの上のキャンドルに火が灯ります。
そして一粒一粒大切に並べられていくチョコレート。
チョコレートにはヨモギの芯が立てられ、火を点けるとキャンドルのように
暖かな火が灯り、それを参加者各々が食すというイベントです。

2013.12.22.1.jpg

2013.12.2.jpg

2013.12.22.4.jpg

コンセプトは各々に感じてもらえば良いとの事でした。

人類がまず食す事のない『火』を食べるという儀式を参加者全員が体感する中で
その思いを共有し合い、不思議な連帯感が "灯る" といった感想を持ちました。

火を食した後、また素敵なアコーディオンを聞きながらワインをいただくという
なんとも優雅なイベントでした。

マツウラ

Pagetop



1 | 2 |