Aug 31 , 2013


9月に出展する台湾/高雄のフェア用作品 5号Sを制作中。
前回の100号Sと比べると、机に座って描けてしまうので
ミニチュア制作をしている様で楽w

立体の制作スタート!!
立体は色々な人の手を借りて制作するので大変です。
今回はちょっとしたギミックも付くので制作可能かどうか?
少し不安があったのですが、なんとかスタートする事になりました。
まだ具体的な作業は先で、完成も来年になる予定ですが
カッコいい作品になると思うので今から自分でも楽しみです。

そしてこの写真...
手前は友達のウェディング ブランド『mutin』のオリジナル "Flower Art "。
ミュティンのワールド観が凝縮されて小さな宇宙を見ている様!

2013.8.31.1.jpg

そしてその後ろのキャンドル... 自動キャンドル〜!!(ドラえもん風w)
"LUMINARA" 。インテリアショップで見かけて
気になっていたのですが、使ってみたらスゴい便利!!
LED電球で 単1電池 2本で 一度セットすれば 決まった時間に点き、
自動で消える優れもの。炎のゆらぎもリアルで、アロマとしてもいい香り。
夕方7時から夜の12時までセットしているので、
外出から遅く帰って来た時など 自動で炎 (ライト) が点いているので
ちょっとビックリしますが、炎の暖かみが出迎えてくれる様で嬉しいw
もちろん本当の炎ではないので、火の心配もなくキャンドルが使える
気軽さがまた良く、オススメ!

最近、夜は仕事の時以外では蛍光灯の灯りは使わない様にしているのですが、
そのせいか寝着きも良いです。


マツウラ

Pagetop



Aug 27 , 2013

連日の猛暑から突然 秋の気配。これはこれでまた寂しいものがありますね。

現在、新宿髙島屋 美術画廊では
去年「髙島屋 60周年」を記念して制作した" 輪ばら"作品が
グループショー " SUMMER SHOW 2013 " として再展示されています。

2013.8.26.1.jpg

昨日、やっと新宿髙島屋に観に行くことが出来ました。
嫁いで行った娘と再会した様な気持ちとでもいうのでしょうかw
去年全 5作品は完売しましたので、今回はお客様からお借りしての展示です。

〜 9/ 2(月) まで。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

マツウラ

Pagetop



Aug 26 , 2013


【映画】

宇宙戦艦ヤマト 2199 第七章 そして艦は行く』 ★ ★ ★ ☆ ☆
中学生の時初めて「宇宙戦艦ヤマト」を観て、大感動して、
またこの歳になって新たな "ヤマト" を観る事が出来る時代が来るなんて
ちょっと幸せなひと時でした。

ビジュアル、音響的には技術の向上もあって結構楽しめました。
ただストーリー的にはオリジナルには到底 敵わず...

特に今回の最終話 第七章、最終目的地イスカンダルでのくだりは、
数々の戦いを経てやっとたどり着いたイスカンダルのはずなのに...
バカンスにでも来たかの様なサービス的な演出 ?
...戦いの虚しさ等を想う神聖なシーンであって欲しかった。
16万8000光年の旅が一気にただの "観光旅行" になってしまって残念 (-_-;)
そして...最後のデスラー戦も情けない。

もしかしたら当時のオリジナルの時の様に、TV版と映画版とでは違うラストが
用意されていたらいいなと思ってBD版に少し期待したりして...  無いだろうな。

2013.8.26.2.JPG

金髪3ショット! 幸せ♡

マツウラ

Pagetop



Aug 23 , 2013


浮世絵 太田記念美術館『 江戸の美男子-若衆・二枚目・伊達男
浮世絵といえば " 美人画 " と相場が決まってますが...
今回は「美男子」にスポットを当てた " イケメン浮世絵 " のラインナップ!
絵師も鈴木春信、鳥居清長、喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川国芳など超豪華!!
まるで少女漫画の王子様のように瞳がキラキラしてたりと、
いつも観る浮世絵とはひと味違って面白い展示でした。


その足で表参道... エスパス ルイ・ヴィトン 東京へ。
トーマス・バイルレ『 Monuments of Traffic

2013.8.23.2.jpg

展示内容はよくわかりませんでしたが、
表参道の喧噪とスペースのギャップが別次元の様で心地良く、
東京のビル群を眺めながら作品との調和をゆっくり楽しみました。
アートを体感するにはとても良いスペース。


こちらは先週でしたが... 
国立新美術館 『アメリカン・ポップ・アート展
ジョン・アンド・キミコ・パワーズ夫妻のコレクション。
ウォーホル作品の着物の女性が、キミコ夫人。
展示点数は結構ありましたが、観甲斐があったのは 3/ 1くらいだったかな?
でもやはりポップ・アートの巨匠、アンディ・ウォーホル、
ジャスパー・ジョーンズ、ロイ・リキテンスタインなどの作品は
観ているだけで 文字通り " POP " で楽しくなります。

2013.8.23.1.jpg

アートも色々なジャンルがありますが
僕は「ポップ・アート」が一番心が躍ります!!

マツウラ

Pagetop



Aug 22 , 2013


Zepp Diver City Tokyo。
手嶌葵の Live『〜Miss AOI-Bonjour,Paris!〜』!!

2013.8.21.1.jpg

東京では1年に1回、Billboard LiveTOKYO でしか聴けないと思っていたので
この夏一番の楽しみでした!! 
ミーハーにも握手までしてもらって... もちろん最高の Liveでした!! (≧▽≦)

マツウラ

Pagetop



1 | 2 |