Jul 31 , 2012


終わったーっ! 
5月末から制作していた、某百貨店でのグループショー作品 5点完成 !!

小さな作品なのですが、ベースが和紙なので絵の具を吸い込んで
スポンジの上に描いてる様で全く進まず、
5枚描くのに 2ヶ月近くかかってしまいました (>o<;)

ありえない時間のかかり様でしたが、結構楽しんで制作したので
皆さんにも是非観ていただきたい作品に仕上がりました。
( 5作品同時の展示がないのはちょっと残念ですが)

それとは別なもう一つの展示。
こちらはアートというよりちょっとエンターテイメントなグループショー
なのですが、その作品 1点も終わったので、こちらもお楽しみに!

2つとも詳細はまだ発表出来ませんが、9月あたりに発表予定です。


次はこの秋出展予定のフランスでのアートフェアに向けた小作品
3〜4点に入ります。
制作途中の 4mの作品になかなか手が付けられず悲しい...。


【映画】
ダークナイト ライジング』★ ★ ★ ★ ★
2005年から始まったクリストファー・ノーラン監督の
バットマンシリーズ 3作目。
「ビギンズ」、「ダークナイト」は 1話ずつでも楽しめちゃうのですが、
それに比べ『...ライジング』は結構地味!
何故かと思いきや... ストーリーが進むにつれ 3作すべて
ピッタリつながる!「ビギンズ」、「ダークナイト」は伏線なんですね。
観る予定の方は「ビギンズ」、「ダークナイト」をおさらいしてから
観ることをお勧めします。
さすがノーラン監督、三部作物の構成として最高でした!
ノーラン組キャストも最高!!

アメイジング・スパイダーマン』 ★ ★ ★ ★ ☆
見飽きた感のある「スパイダーマン」ですが、今回はヒューマンな部分に
スポットが当たっており『ソーシャル・ネットワーク』の
アンドリュー・ガーフィールドのひょろひょろな部分が今後成長していく
スパイダーマンとして説得力があって好きです。
監督が『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ。納得!


おおかみこどもの雨と雪』 ★ ★ ★ ★ ☆
『サマーウォーズ』の細田守監督作品。
不思議なお話ですが、何がどうしたということより、
主人公達の家族でありながらもそれぞれが一本筋の通った
自分自身の生き方を持つ強さ、中々難しいだけに素敵だなと思いました。
特にこれからの時代に必要な家族の形の様にも思えました。
大人向け作品ですが、子供が見た方がいいんじゃないかな。


グスコーブドリの伝記』 ★ ★ ☆ ☆ ☆
宮沢賢治の童話を杉井ギザブロー監督がアニメーション映画化。
ますむらひろしの絵が昔から苦手... なんで猫で宮沢賢治?
なら観るな、って話ですがw


宇宙戦艦ヤマト2199 - 第二章 太陽圏の死闘』★ ★ ★ ★ ☆
今更知った、この作品はDVD 発売にともない映画館で同時上映していて
まだこれから全 7回あるらしい σ(^_^;)
これだけの話数あればオリジナルに忠実だし嬉しい。ヤマト大好きです。


【Bunkamura ザ・ミュージアム】
絵本画家『エルンスト・クライドルフの世界』を見て来ました。
クライドルフの唯一無二の世界、繊細で純粋で素敵でした。
あっ、もう終わってる...... σ(-_-;)
夏休み中のチビッ子にも良いと思ったのですが。


マツウラ

Pagetop



Jul 28 , 2012


2012/ 8/ 1~19
インドネシア/ジャカルタの Edwin's Gallery で開催される、
『 Fantasi dan Realitas Absurd SENI RUP KONTEMPORER JEPANG 』
に出展します。

2012 Edwin's Gallery1.jpg
タイトルを直訳すると「日本現代美術の空想と現実」。
日本人アーティストによるグループショーです。

なにかと縁あるインドネシアですが、作品展示は初めてとなります。
この夏ジャカルタにいらっしゃる方は是非お立ち寄りください。

" Fantasi dan Realitas Absurd SENI RUP KONTEMPORER JEPANG "
会期:2012/ 8/ 1~19
会場:Edwin's Gallery
Kemang Raya No. 21, Kemang, Jakarta 12730, Indonesia

Management イシイ

Pagetop



Jul 23 , 2012


『白川郷』内の宿泊施設は民宿しか無いので
今回は白川郷からバスで 1つとなりの「平沢温泉」
藤助の湯 ふじや』さんに宿泊しました。

こちらは和室 8、和洋部屋 2、古民家特別室 1、天然温泉露天風呂男女、
貸し切り風呂 2...とプライベート感のある、隠れ家的で素敵な宿でした。

20127.23.1.JPG
「平沢温泉」バス停。人影もなく蝉の鳴き声しか聞こえない...... なんかいいな。
20127.23.2.JPG
バス停からすぐ、木々に囲まれて一瞬見逃してしまいそうな控えめな入口。
20127.23.3.JPG
中は、古民家風で上品な造りです。
20127.23.4.JPG
渡り廊下、中と外の境が曖昧で、夏草の香りか心地いい。
20127.23.5.JPG
朝の空気もご馳走です。お天気の日は、こちらで朝食をいただけます。
20127.23.6.JPG
「日本秘湯を守る会」所属の宿、内風呂、露天風呂、貸し切り風呂 と充実 !!
20127.23.7.JPG
今回宿泊したのが「和洋室」和室って使い慣れなくて持て余してしまうので。
20127.23.8.JPG
こじんまりとしていますが、落ち着いた色調でくつろげます。
20127.23.9.JPG
窓が大きく、小川のせせらぎと共に蜩の声が心地いい。
20127.23.10.JPG
夕食はこちらで。 山の幸が中心で、山菜、川魚、飛騨牛。
20127.23.11.JPG
常に15〜20品出してくれました。  一品一品が感動的に美味しい!
20127.23.12.jpg
三泊いただきましたが同じ品がないため、全く飽きる事なく毎回楽しみでした。
20127.23.13.JPG
最後の一日はせっかくなので部屋を『古民家特別室』に替えてみました。
20127.23.14.JPG
部屋の格子戸をくぐり階段を上ると一軒家の様な造り。「広い!」
20127.23.15.JPG
天井も高く気持ちがいい。( 座敷童がいそうw )
20127.23.16.JPG
エアコンもありますが、二階なので風通しも良く気持ちいい。
20127.23.17.JPG
また夜になると一段と風情があります。
20127.23.18.JPG
虫の声が心地よく落ち着きます。 一番奥の部屋が寝室。
20127.23.19.JPG
冬なら囲炉裏もいいでしょうね。
20127.23.20.JPG

今回はシーズン直前ということもあるとは思うのですが
他のお客さんが 1〜 2組しかおらず、本当に静かで落ち着ける素敵な宿です。
(シーズンに入ると常に満室だそうです。)

何よりも女将さん手作りのお料理には一品一品に心遣いを感じ、
それは、その辺の料亭でも味わえない感動の味でした。

そしてもう一つ食材を育む水自体がすでに美味しい。
水なのに微かに甘みの様なコクがあって水道の水でさえ、飲む(食べる)
だけでも飽きないくらい。
つくづく水の大切さを実感しました。

白川郷の合掌造り集落はある程度堪能したのですが
『藤助の湯 ふじや』さんのお料理はまた食べに行きたいオススメの宿です。


次回、旅行記ブログ最終回。 おまけの飛騨高山編です。


マツウラ

Pagetop



Jul 22 , 2012


Facebookをペラペラ見ていたら
「一生のうち一度は行っておきたい場所...」なんてフレーズとともに
ユネスコ世界遺産・飛騨高山『白川郷』のページが。
昔から『白川郷』には、一度行きたいな~!と思っていたので
思い立ったが吉日! 仕事の区切りも見えたので(まだ終わってないけどw)
早めの夏休み『白川郷』へ 3泊 4日(+ 1日追加)の旅に行ってきました。

東京から 6時間 (-_-;)!!
ちょっとした海外まで行けちゃう時間ですが、来た甲斐がありました!!
そこには純朴な「田舎の夏休み」がありました。

2012.7.17.1.JPG
360°山々の絶景 !!
2012.7.17.3.JPG
とにかく水と空気が美味しい。
2012.7.17.4.JPG
『白川郷』全貌 !! 1日あれば結構観れます。( 3日滞在しましたが w)
2012.7.17.5.JPG
蝉の声に、蒸せ返る様な緑の匂い...... 「夏休みキタ〜〜〜〜!!」
2012.7.17.6.JPG
街で見かける雑草のヒメジョオンもこちらではカワイイ。
2012.7.17.7.JPG
完全にタイムスリップ !!(明善寺)
2012.7.17.9.JPG
空も完璧な夏の雲です。
2012.7.17.10.JPG
素朴...昔ばなしの世界そのまま。
2012.7.17.11.JPG
色とりどりの花が咲き乱れ、ミツバチも心なしか大きい。
2012.7.17.12.JPG
けっこう高層建築。今も人が住んでいるからスゴい。
2012.7.17.13.JPG
空が高い!
2012.7.17.14.JPG
手のひらを合わせて拝む形から『合掌造り』。
2012.7.17.15.JPG
下の階からシースルーの吹き抜け構造になっていて、風通しも良い。
2012.7.17.16.JPG
囲炉裏から昇るススで燻されて真っ黒な柱。防虫効果があるそうです。
2012.7.17.17.JPG
釘を使わず組んだ柱と縄でしめられただけの構造。
2012.7.17.18.JPG
昔からの生活道具。
2012.7.17.19.JPG
迫力の入道雲。
2012.7.17.20.JPG
名家『和田家』。白川郷最大規模の合掌造り家屋。(江戸時代中期〜後期の建物)
2012.7.17.22.JPG
村の周りは深い杉林。
2012.7.17.23.JPG
木イチゴ、カワイイ。
2012.7.17.24.JPG
『菅沼』。険しい谷のわずかな川岸にある自然の豊かな小さな村。
2012.7.17.21.JPG
田を渡る風が緑の海の様で気持ちいい。(菅沼)
2012.7.17.25.JPG
『相蔵』。白川郷より観光地化されておらず素朴で、僕はここが一番良かった。
2012.7.17.26.JPG
相蔵は山の中腹にあり見晴らしが良く、田畑と自然の調和が美しい。
2012.7.17.27.JPG
まさに「日本の原風景」を感じることが出来ました。


この誰もが持っている日本の原風景のビジュアルが、
ここまで来ないと残っていないという現実。
人の開拓心って良い意味・悪い意味も含めて凄いなと考えさせられる旅でした。

最後に今回特に良かったのが夏休み直前ということもあって、人が少なく
自然をストレートに感じることが出来たのが最高の贅沢でした。


そして宿泊した宿もとても良かったので、
次回ブログで宿泊レポートします。

マツウラ

Pagetop



Jul 16 , 2012


最近大好きな近所のイタリアン『Callas』さんでちょっと
スペシャルなランチをお願いして、
友達の絵本作家 あだちなみさん と久しぶりにご近所ランチ。 1年半ぶり位かな?

2012.7.16.jpg
超売れっ子で多忙な彼女、前回会ったときは急がし過ぎでヘロヘロだったけど
今回は、急がしさには変わりはない様だが、色々と吹っ切れた様で
パワフルで頼もしくなっていて、こちらまで嬉しい。がんばれ〜 !!

"AU BON VIEUX TEMPS"のプチフール、チョー美味かったよ〜 (^-^)/♪ 


マツウラ

Pagetop



1 | 2 |