Jul 26 , 2011


忙しくて 6月から映画&お芝居、日記を付けていなかったので更新。

<映画>
『コクリコ坂から』★★★★☆ 宮崎吾郎はジブリとして観ない方が面白い。
『アイ・アム・ナンバー4』★★★☆☆ こういう安いの好きです。
『ハリー・ポッターと死の秘宝 part2』★★☆☆☆ 第1巻『賢者の石』で十分。
『スーパー8』★★★☆☆ '70年代の雰囲気がスピルバーグ映画っぽくていい。
『スカイラインー征服』★★☆☆☆ 「クローバーフィールド」パターン過ぎ。
『トワノクオン 第一章』★☆☆☆☆ オリジナリティなしで残念。
『赤ずきん』★★☆☆☆ スケール感が小さい。
『X-MEN : ファースト・ジェネレーション』★★☆☆☆ 歴史に結びつけ過ぎ。
『マイ・バック・ページ』★★☆☆☆ 学生運動ってこんなもんだったのかな?
『プリンセストヨトミ』★★★☆☆ 大風呂敷を広げ過ぎで収集がつかない。
『ゲンズブールと女達』★★☆☆☆ ゲンズブール、似てた...寝た!...zzzzZ


<お芝居>
『血の婚礼』大規模修繕劇団 旗揚げ公演 演出:蜷川幸雄
 90分間雨の降りしきる舞台。アングラな匂いは苦手なのですが、
 窪塚くんのせいでそれをあまり感じず、色々な解釈が出来そうですが
 SF版「となりのトトロ」と解釈しました。面白かった。

『たいこどんどん』演出:蜷川幸雄。歌舞伎の様な色鮮やかな絵巻物語。

『黒い十人の女達』演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ。...ウゥ~ン..!


以上。忙しいわりには結構観た。


マツウラ