Dec 05 , 2010


東京画廊+BTAP 60周年記念『ミクロサロン 60』
オープニングに行ってきました。

所せましと飾られた総勢 43名の作家による小さな作品の数々。
まるでアートの万華鏡をのぞいているかの様な楽しい展示でした。

これほどの世代/キャリアが違う作家さん達と肩を並べて展示が出来、
同じテーマについて話をさせていただけるのも、
60年の歴史を持つ東京画廊+BTAPさんならではの企画だと思います。
とても貴重な体験でした。

2010.12.5_a.JPG

2010.12.5_b.JPG

2010.12.5_c.JPG

2010.12.5_d.JPG
1枚1枚が細かく、つい時間を忘れ見入ってしまいます
お気に入りの 1枚を探してみるのも楽しい展示です。


『ミクロサロン 60』 2010.12.4(Sat)〜12.25(Sat)
開廊時間 : 火〜金 : 11:00-19:00 / 土 : 11:00-17:00
休廊日 : 日、月、祝日
東京画廊+BTAP 

マツウラ

Pagetop



Dec 03 , 2010


友人のユザワヤ会長秘書、Aさんのお誘いで
マネージャーのイシイと 3人で
Blue Note TOKYOでの Vincent Gallo のLIVEへ。

2010.12.5.jpg

映画監督、俳優としては有名ですが、絵画、写真、音楽など
マルチな才能の持ち主だとは知りませんでした。
10代の頃、バスキアとバンドを組んでいたとか。

そんな彼の歌声は風貌とはかけ離れ、センシティブでデリケート。
" 現代版チェット・ベイカー" といった雰囲気でした。
そしてシャイなのか、終始後ろ向きでギターやメロトロンを演奏。
客席に顔を向けたのはほんの一瞬で、
本当に音楽を聴かせるためにだけ集中している、といった姿勢が
ストイックでエキセントリックな彼の演技にも通じるものを感じました。


それから映画。
『SPACE BATTLESHIP ヤマト』 ★ ★ ★ ☆ ☆
"ヤマト"世代としては思い出のシーンが実写化されるだけでも嬉しい。
でも予算のせいか演出がペラペラ...
ニコール・キッドマンがスターシャをやるくらいのスケールの
"宇宙戦艦ヤマト"が観たかった。邦画ではしょうがないかな。


『Ricky リッキー』 ★ ★ ☆ ☆ ☆
フランソワ・オゾン、大好きな監督ですが、最近作品にムラがある。
肝心のベビーがデカくてカワイくないし。

マツウラ

Pagetop



1 | 2 | 3 |