Jun 29 , 2010


久しぶりにお芝居を観て来ました。

劇作家エドワード・オルビーの1958年のデビュー作、
『動物園物語』は有名な 2人芝居ですが、
2007年、それに前編の『ホームライフ』が書き足されて
『アット・ホーム・アット・ザ・ズー』として
生まれ変わった作品だそうです。
後編は52年前の作品...時代が追いついてしまったというか、
衝撃的な内容も現在からするとうなずける。
ニューヨークが舞台なので、日本人が演じるのには少し違和感あるけど
そこは堤真一・小泉今日子・大森南朋と
個性の強い役者さん達なので観がいがありました。


映画『エルム街の悪夢』★ ★ ☆ ☆ ☆
『エルム街...』シリーズは好きで、全部観ていて
番外編の『フレディvsジェイソン』まで(笑)
このシリーズは "寅さん" と一緒で、シリーズが増えれば良いだけで
わざわざリメイクする意味が解らん...。

マツウラ