Dec 18 , 2009


子供の頃から大好で読んできた、
作品のオリジナルの原稿を目の前にして
改めて感慨深いものがありました。

主に漫画原稿とカラーの扉絵が展示されていました。

原稿はとても細かく繊細に描かれていて、
一瞬、本当に人の手で描かれているものなのかと
目を凝らして見ないと解らないほど!
漫画は現代の表現ではありますが、
改めて日本人のDNAのなせる技だと感動しました。

そしてなんといっても
萩尾先生の素晴らしいところは、
ストーリーの構成。
世界に誇れる文学です。

マツウラ