Oct 24 , 2009


初台・オペラシティ/アートギャラリーで行なわれている
『ヴェルナー・パントン展』を観てきました。

09.10.24.jpg

『パントンチェアー』は有名ですが、
あれもそうだったのか!これもそうだったのか!と言う作品ばかり。
家具、照明、テキスタイルまでおなじみのデザインが
ズラリと展示してあって思わず興奮!

今回は伝説のインテリアといわれている
『ファンタジー・ランドスケープ』も再現されていて、
体感する展示を堪能しました。

DVDでヴェルナーのインタビュー映像も上映されているのですが、
ヒッチコックの映画の様な造りでオシャレ!
「デザインの無いリビングにいる時ほど苦痛はない...」的な
発言をしながらも、気取りのない
本当にデザインに囲まれた生活を、
生涯を通して楽しんでいる姿勢がとても良かった。
アートです。

マツウラ

Pagetop



Oct 22 , 2009


『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ』★ ★ ★ ★ ☆
しみじみ邦画って良いなって感じ。

『私の中のあなた』★ ★ ★ ★ ☆
予告で観てただの難病ものと思いきや、
法廷劇から終末医療のあり方まで色々と考えさせられる内容。
いつも笑顔のキャメロン=ディアスのボロボロな母親と、
『リトル・ミス・サンシャイン』のアビゲイル=ブレスリンがスゴク良かった。

マツウラ

Pagetop



Oct 21 , 2009


『エスター』★ ★ ☆ ☆ ☆
あのディカプリオが製作に名を連ねるこの作品、
B級ホラーと思いきや、サスペンスもの。
落ちは斬新?ですが、ホラー落ちが観たかった。残念...。


『空気人形』★ ☆☆ ☆ ☆
大好きな『誰も知らない』『歩いてもあるいても』の是枝裕和 監督作品。
最近の人形ものでは『ラースとその彼女』がとても良かったけど...。
『空気人形』はファンタジーかと思いきや、
どちらかというとホラーだよね (-_-;)
最初から最後までまったく感情移入できなかった...。

マツウラ

Pagetop



Oct 17 , 2009


来月の個展打ち合わせのため、中国へ。
1年ぶりの北京。
オリンピック後ということもあって
空港は広くてキレイで近代的に!
091015.jpg
 
翌日は朝からハードスケジュール。
この夏からイメージを練り、図面を描き、素材を選び、
ミーティングを重ね、試行錯誤して制作してきた作品の確認です。

今回ペインティングは120号F、1点のみ。
ペインティングならすべて自分の責任になるので気も楽なのですが、

インスタレーションともなると、色々な人達とのチームプレイ !!
大変ですが、
自分のスケールを超えてくれる作品が出来上がるのがとても楽しみ。

3つの部屋の基本は、ほぼイメージ通り完成しています。
エントランスから廊下まで、細かくビジュアル図面に起こして指示しています。

第1の『光の部屋』 
09.10.17.1.jpg


第3の『闇の部屋』 
真っ暗ですね... (;^_^) 真ん中に大きな池があるのですが...
09.10.17.2.jpg

世界最古の石碑『ロゼッタストーン』をモチーフにした作品...
完成後の高さ、4m!
09.10.161.jpg

09.10.16.2.jpg

09.10.16.3.jpg

これだけ見ると「一体なんだ??」って感じですが、
当然、これに従来のキャラクター的な要素がプラスされていきます。

『THE MONKEY BALL』。こいつらも活躍します!
09.10.18.jpg
舞台裏はこの辺までにして...

7月の日記を読み返すと、やっとここまで来たかと感無量。
着々と準備は進行しています。
こうして作ったイメージが実際に形になっていって、
色々な国の人達が展示に向けて日々頑張ってくれていると思うと、
責任と緊張で胸が熱くなります...。 

あとは個展当日をお楽しみに!

マツウラ

Pagetop



Oct 14 , 2009


明日から... 
11月8日から始まる個展、
『SUPER ACRYLIC SKIN "PHOTON"〜 Imaginary temperature 』の
準備&ミーティングで北京に行ってきます。

今回、自分の中では作品の幅を広げるという挑戦もあり
今までとは違うタイプの作品ばかり、
大きなものは4mもの高さがあったり...

一体どんな展示になるのか、ドキドキ!ワクワク!
また帰ったら報告します。

マツウラ

Pagetop



1 | 2 |